RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ゼニスとゼロ文明
ハンターとエイリアンの戦いを裏から仕組んでいたアンノウン、
それらを操る上位存在として『ゼニス』が表舞台に現れ、その特徴として五文明に属さず、文明を持たないカードとして『ゼロ文明』が登場して9ヶ月。



DMX-13 ホワイト・ゼニス・パックが発売されて1週間あまり、欲しいカードは手に入ったでしょうか?
うちでは1BOXに1パック足して、トッキューをして遊んだりしてました。

さて、強カードとして大会でもよく見かけ、ストーリー上でもエピソード2のメインの敵役として活躍(?)しているゼニスとこれらを含むゼロ文明のカードについて、種類が増えてきて効果等混乱することも多くなってきたので、ちょっとまとめてみました。

■ゼニス(16種)
「武」の頂 マキシマム・ザ・マックス(プロモ、DMX-13・レア)
「俺」の頂 ライオネル(DMR-05・ビクトリー)
「命」の頂 グレイテスト・グレート(DMR-05・スーパーレア)
「智」の頂 レディオ・ローゼス(DMR-05・スーパーレア)
「呪」の頂 サスペンス(DMR-06・スーパーレア)
「祝」の頂 ウェディング(DMR-06・スーパーレア)
「勝利」の頂 バトル・ザ・クライマックス(プロモ)
黄金龍 鬼丸「王牙」(DMR-07・ビクトリー)
「戦慄」の頂 ベートーベン(DMR-07・ビクトリー)
「謎」の頂 Z−ファイル(DMR-07・スーパーレア)
「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」(DMX-13・ビクトリー)
「破滅」の頂 ユートピア・エヴァー(DMX-13・スーパーレア)
「修羅」の頂 VAN・ベートーベン(DMX-13・スーパーレア)
「獅子」の頂 ライオネル・フィナーレ(DMX-13・ベリーレア)
超絶奇跡 鬼羅丸(DMR-08・ビクトリー)
「無情」の極 シャングリラ(DMR-08・スーパーレア)


種族にゼニスを持つクリーチャーは、13年3月発売のDMR-08の判明分を含めて現時点で16種
一部を除いてほとんどがビクトリーカードとスーパーレアという高レアリティ orz

その他の特徴としては、どれもコストが10以上と重量級で、すべてゼロ文明(無色カード)、T・ブレイカー以上の攻撃力、エターナル・Ωで除去されても手札に戻るため、一度召喚に足るマナを貯められてしまったら対処が困難という点も共通しています。
また、ほとんどが召喚時に発動する能力を持ち、高レアリティの名に恥じない強力なカードという位置づけです。

◎ゼニスの種族
通常、ゼニスは種族がアンノウン/ゼニスと2種類のみですが、
ベートーベンとVAN・ベートーベンは、キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン/ゼニス
ユートピア・エヴァーは、ガーディアン/アンノウン/ゼニス
ライオネル・フィナーレは、エンジェル・コマンド/アンノウン/ゼニス
と、それぞれのクリーチャーが特徴を有する1種族を追加さています。
これらの追加種族はデュエマを代表する種族でもあり、多くの種族サポートが存在するので、それらも活用していきたいところ。

また、鬼丸「王牙」とカイザー「刃鬼」は、レッド・コマンド・ドラゴン/ゼニス/ハンター
バトル・ザ・クライマックスについては、レッド・コマンド・ドラゴン/ゼニス/ハンター/エイリアン
とアンノウンを持たず、代わりにコマンドとドラゴン、ハンターのサポートが受けられるようになっています。

さらに、DMR-08の鬼羅丸とシャングリラもアンノウンを持っていません。

このアンノウンを持つかどうかというのは、ゼニスパックにも再録されたコスト軽減サイクル(アンノウンで-1、ゼニスで-1)や、他のアンノウンサポートにも関わってくるところなので、自分が使う場合にも相手に使われる場合にも気をつけておきたいところです。


■ゼロ文明のカード(ゼニス以外)
 クリーチャー(13種)
宿命のディスティニー・リュウセイ(DMR-07・シークレット)
真実の名(トゥルーネーム) サイバー・O(オー)・ホーリー(DMX-13・特別カード)
真実の名(トゥルーネーム) ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン(DMX-13・特別カード)
真実の名(トゥルーネーム) メガパウンダー・マック(DMX-13・特別カード)
真実の名(トゥルーネーム) 白金の鎧(プラチナ・アーム・トライブ)(DMX-13・特別カード)
真実の名(トゥルーネーム) アカデミアン(DMX-13・特別カード)
真実の名(トゥルーネーム) 修羅丸(DMX-13・特別カード)
真実の名(トゥルーネーム) リアーナ・グローリー(DMX-13・特別カード)
偽りの羅刹(コードファイト) ゼキア・エクス・マキナ(DMX-13・ベリーレア)
真実の名(トゥルーネーム) ハデスギル・スキル(DMX-13・ベリーレア)
神託のサトリ 最澄(DMX-13・レア)
破界の右手(ブレイキン・ライト) スミス(DMX-13・コモン)
逆転王女プリン(DMR-08)

 呪文(8種)
戦慄のプレリュード(プロモ、DMX-13・アンコモン)
極頂秘伝ゼニス・シンフォニー(DMR-06・シークレット)
天頂秘伝ゼニス・レクイエム(DMR-07・シークレット)
運命(DMR-07・レア)
王牙(オーガ)秘伝ゴールデン・ビクトリー(DMR-07・レア)
破界秘伝ナッシング・ゼロ(DMX-13・レア)
天運ゼニスクラッチ(DMX-13・レア)
無情秘伝 LOVE×HATE(ラブアンドヘイト)(DMR-08)


ゼロ文明のカードは、同じくDMR-08の判明分を含めて37種
うち16種はゼニスなので、それ以外は21種。
こちらはゼニスと違い高レアリティではないものの、プロモやシークレット、特別カード等、特殊なものが多いので、場合によっては集めにくいかも。

現時点ではクリーチャーと呪文のみで、クロスギアと城はなし。

◎ゼロ文明のクリーチャー
ほとんどがDMX-13 ホワイト・ゼニス・パックに収録。
名前に真実の名と偽りの羅刹とあるものは種族にアンノウン持ち、
ディスティニー・リュウセイは、キング・コマンド・ドラゴン/ハンター
最澄とスミスは次シリーズのメイン種族であろうオラクルとアウトレイジ、
逆転王女プリンはこれまでのプリンシリーズと同じくハンター/エイリアンを種族に持ちます。

ゼニスもそうですが、ゼロ・ルピアや戦慄のプレリュード等のコスト軽減が受けられるので、こちらは比較的コストが軽いこともあって早いターンに出すことが可能。しかも逆転王女プリンはS・トリガー付き。

◎ゼロ文明の呪文
2種類を除いてアタック・チャンス呪文(残りはコスト軽減とコスト踏み倒し)なため高コストですが、それに見合うだけの強力な効果はあり。
ちなみに、ゼニス・シンフォニーはアタック・チャンスの対象がアンノウンですが、ゼニス・レクイエムはゼニスなので注意。
ナッシング・ゼロは無色クリーチャーが対象。


自分でまとめてみると、いろいろ見えてくるものもあります。
せっかく手に入れても使いこなせてなかったり、効果を勘違いしてたりするんで、いろいろ試して使っていきたいですね。
author:K先生, category:雑記, 18:11
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:11
-, -
Comment









Trackback
url: http://fbkochi.jugem.jp/trackback/599