RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
デュエルツアー


『バトルでアゲ↑アゲ↑デュエ友ツアー』
に行ってきましたー

書きたいことは数あれど、今回はまず3連勝バトルの内容についてレポートしていくですよー



今回わが輩たちが参加したのは、4月27日(土曜)に岡山のイオンモール倉敷で開催された
『バトルでアゲ↑アゲ↑デュエ友ツアー』

既に5箇所で開催され、あとは
5月19日(日曜)に北海道のイオンモール旭川西
5月26日(日曜)に群馬県のけやきウォーク前橋
の2会場を残すのみ。

更に12日の宮城会場では松本しげのぶ先生
26日の群馬会場では伊原しげかつ先生のサイン会が急遽決定したそうで。

しかも、このサイン会「年齢制限がない」とか!
いやー行ける人がうらやましーなー
どちらも先着90名で参加券配布だとか。
詳細は公式サイトで確認してみてください。


さてレポに戻りますが、
イベントの開催時間は、公式サイトでは10時から16時となっています。
実際には3連勝バトルの最終組の集合時間が16時となってましたので、もうちょいあるんですが、多分16時くらいまでに会場に来てねってことなんでしょう。

岡山では会場が2箇所に分かれてまして
専門店街1階のセントラルコートが3連勝バトルの会場、
北コートが抽選会とDASHステージとなってました。

わが輩はほとんど3連勝バトルの方にいまして、
「今回はえらく静かだなー、デュエルヒーローは来てないのかなー」
とか思ってたら、ステージの方にアツトが来て盛り上がってたんですね。
2箇所はちょっと離れてたので、全然気付きませんでしたよ。


■3連勝バトル
3連勝形式のイベントは久しぶりの開催になりますね。
この前は2年前の2011年の夏がそうだったかな?
確か福岡に行ってががさんとかはにびさんとかパパっちさんとかにお会いしたんだよねー
去年の春イベントはただの抽選会(に毛が生えたようなもの)だったもんなー

ともあれ、内容としては、参加者同士で対戦し、3連勝すればWINNER版の《百万超邪クロスファイア》をもらえるというもの。
従来どおりレギュラークラスとオープンクラスに分かれており、岡山ではレギュラーが1000人、オープンが500人となっていました。
これまでの3連勝バトルとはシステムが変更になっている部分もあるので流れを説明しますと、

1.受付
参加するクラスを伝えてリストバンドを付けてもらいます。
このリストバンドがいわゆる参加証代わりになっていまして、受付番号とそれに対応する集合時間が印字されています。
番号と集合時間はイベント開始にあわせて
1番 10:00
から始まり、集合時間は15分刻みになっています。
岡山では最後は
25番 16:00
となっていました。

ちなみに参加可能人数から割り出すと、各番号のバンドは
レギュラーで40、オープンで20用意されている計算になりますから、
運営側は、大体15分でそれくらいの人数をさばけるとふんでるんでしょうね。

実際、集合してから多少の待ち列はできてましたが、今回のシステム変更も功を奏してか、岡山ではすごい長時間待たされるということはありませんでした。

なお受付場所ですが、最初は店舗の入り口付近にありますが、岡山では途中から3連勝バトルの会場近くに変更してました。
この辺は店舗への配慮も含めてのことだと思いますが、ちょっと気をつけておいたほうがいいかも。
たくみんは場所が変わったことがわからなくて、受付が終了したものと勘違いしてましたんで。


2.集合
リストバンドの集合時間になったら3連勝バトル会場入り口に2列で並び、対戦テーブルが空くのを待ちます。
ここには、今現在バトルに参加できる番号を表示した看板を持ったスタッフさんが立っているので、自分の番号が参加できるようになったかどうかをすぐに確認することができます。

ちなみに、対戦テーブルの空き具合によっては、集合時間が5分程度前倒しになることがあります。
早く並びたいって人は、対戦が空いてそうなら、少し早めに来てたらいいかもしれませんね。
また、この集合時間ですが、15分くらいなら遅れても融通してくれるようです。
(例えば「5番 11:00」のバンドでも、次の番号である6番の11:15を少し過ぎたくらいに行っても大丈夫ということ)
ま、あまりにも遅れると参加させてもらえませんし、混み具合によってもアウトになったりということも考えられますので、大丈夫かどうかは先のスタッフさんに確認してみるといいですね。


3.対戦
対戦テーブルが空いたらスタッフさんが案内してくれるので対戦開始です。
対戦は1回戦から始まり、勝つごとに2回戦、3回戦と進み、3回戦に勝ったら待望のプロモ・WINNER《クロスファイア》がもらえます。
オープンクラスはこれで終わりなんですが、レギュラークラスでは更にこの後、「アウトレイジ挑戦権争奪戦」に進み、これに勝つと「アウトレイジ挑戦」、更にここでも勝つと、15時からステージの方でスーパーレアかビクトリーカードがもらえるプレゼント大会に参加できるようになります。

1回戦に勝ったら、その証としてスタッフさんからネックストラップをかけてもらいます。
2回戦に勝ったら、相手からそのストラップをもらい2本に、更に3回戦で勝ったらまた相手からもらって、計4本になったら3連勝した証になります。
またアウトレイジに勝ったら、その証として参加証とは別の色のリストバンドを付けてもらってました。

そうそう、対戦が終わったら必ず手を挙げてスタッフさんを呼ぶように。
わが輩、何回か回って手順がわかってたんで、勝手にストラップを受け渡ししたり片付けたりとかしてたら注意されてしまいました。


対戦テーブルは一度に3対戦できる6人用のもので、オープンクラスでは、1回戦用が2テーブル(6対戦12人)、2回戦用と3回戦用がそれぞれ1テーブル(3対戦6人)あり、レギュラークラスでは、1、2回戦がオープンの倍の4テーブル(12対戦24人)と2テーブル用意されていました。(3回戦はオープンと同じ1テーブル)
あとは、レギュラー用のアウトレイジ挑戦権争奪戦とアウトレイジ挑戦用にそれぞれ1テーブルあり、アウトレイジ挑戦テーブルには、サングラスに黒のコートというマトリックスのようないでたちのアウトレイジが3人スタンバっています。






レギュラークラスの様子
テーブルクロスの色で、青:1回戦、緑:2回戦、黒:3回戦、オレンジ:アウトレイジ挑戦権争奪、赤:アウトレイジ挑戦と一目でわかるようになってます。
ちなみに今回、すべての写真にたくみんがどこかに写ってます(笑)



もう少しオープン寄りに。出口の案内も見えます。



別の角度から
手前(下)がレギュラークラスで奥(上)がオープンクラス。
吊り広告で見えにくいですが、右上が出口。
バトル会場入り口はレギュラーとオープンで別々ですが、出口は共通になっています。



今回はこれまでと違って、負けたらその時点でチャレンジ終了となっており、ひとつ対戦が終わったら必ずテーブルがひとつ空きますので、これまでより流れがスムーズになっています。
(勝った人は次の対戦に進み、負けた人は出口へ)

これまでの3連勝バトルでは、勝っても負けても必ず3回対戦しないといけなかったので、対戦が終わっても他の対戦が終わるのを待たなくてはいけなかったり、またスタッフさんも対戦相手を探す必要があったりと、なかなかバタバタした感じがありました。
また、1回負けてしまった参加者のモチベーションや棄権等、いろいろ言われていたこともありましたので、こういう点は非常にすっきりと洗練されていて良くなったのではないでしょうか。

そして今回のこのシステムにより、必ず二人ずつ対戦テーブルに入ることになるので、集合時に2列に並んでいた隣の人と、まずは1回戦を戦うことになります。
ですので、友達同士などで対戦したくない場合は隣同士にならないように並ぶといいですね。
まぁ知り合いなので対戦したくないって場合は、スタッフさんにその旨を伝えれば、岡山では対戦の順番をずらしてもらえました。
せっかくこういうイベントに来てるんだから、どうせなら知らない人とたくさん対戦できた方がいいですよねぇ。


4.出口
対戦が終了したら出口で賞品をもらい、リストバンドを切ってもらって終了。
負けてももらえる参加賞は《七転八討タント》
見事3連勝できたら、ネックストラップをWINNER《クロスファイア》に交換してもらえます。


全体的な流れとしてはこんなところでしょうか。
リストバンドの配布が終わってなければ、またもらいに行って並びなおしてもいいし、ステージの方に行くもよし、買い物をして抽選会に参加するもよし。バンドの配布は15時くらいに終わってたんだったかな。

岡山では適度に混んでいるくらいの人で、待ち時間もそれほどでもなく、回ろうと思えばかなり回ることができました。
実際わが輩はそれこそ回遊魚のごとく、あまり休む間もなく回って、5回チャレンジしたんですが、リストバンドをもらう受付のときに「何回目ですか?」って聞かれるので、最後の方はちょっと恥ずかしかったり(笑)

見かけたデッキタイプは、ドラゴンや闇自然速攻、火自然ギフトカモン、覇、闇自然超次元など。
この他には、水単メカオーやダンシングエイリアン、オールイエス、刃、光水闇超次元なども。
ドラゴン率がけっこう高く、ゼニスはあまり見かけなかったように思います。この辺は地域性なんですかねー
わが輩は全然当たりませんでしたが、闇自然超次元かなり多い、こればっかり(当たる)と言ってる人もいましたし、どんなデッキに当たるかは読みにくかったですねー
まぁ今だったらここにメルゲループなんかも入ってくるんでしょうけど。
そして疲れが出てくる中盤から後半には速攻が増えてくるというのはお約束のようです。

バトル会場では、女の子やママさんデュエリストもちらほらいました。
でも顔馴染みの親父さんとかはましまろさんぐらいしか来られてなかったのが、ちょっとさみしかったですかね。


今回の3連勝バトルで、あえてひとつだけ難点を挙げるとしたら、イベントの終了間際に3連勝バトルに参加した場合、対戦相手が足りず、3回戦えなくてWINNER《クロスファイア》がもらえない人が出てきた点でしょうか。
1回戦ならともかく、2回戦で勝った子にはアウトレイジが相手をして3戦目をやらせてあげるとか、オープンならまだしも、せめてレギュラーにはそういう措置をとってあげても良かったんじゃないかなぁと。

まぁでも逆に言うと、それくらいしかないくらい、運営もスムーズだったし、楽しめたイベントでしたねー
(今はもうちょっとプロモ争奪が厳しくなってそうですけど)


次回はステージの方やもう少しプライベート的なことを書けるといいかなー(願望)
author:K先生, category:イベント, 18:52
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:52
-, -
Comment









Trackback
url: http://fbkochi.jugem.jp/trackback/606