RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ヤミノチカラ
一文明限定戦、優勝デッキをご紹介ー

どもー、限定戦は昔から割と得意なK先生ですー

珍しく予告どおり、デッキを公開しますよ。
前記事の写真で、光の反射で見えにくかったのはわざとじゃないです。
写真の撮り方がへたくそなだけ orz
まずはレシピ、どぞー

腹黒悪魔の方程式
■クリーチャー(16枚)
3 x ねじれる者ボーン・スライム
3 x 特攻人形ジェニー
2 x 解体人形ジェニー
2 x 炎獄の剛魔ビルギアス
3 x 冥府の覇者ガジラビュート
1 x 魔刻の斬将オルゼキア
1 x 威牙の幻ハンゾウ(殿堂)
1 x 魔龍バベルギヌス
■進化クリーチャー(2枚)
1 x 悪魔神バロム・エンペラー
1 x 死神明王バロム・モナーク
■墓地進化クリーチャー(5枚)
3 x 死神術士デスマーチ
1 x 邪神C・ロマノフ
1 x 暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ

■呪文(17枚)
2 x 邪魂転生
3 x ボーンおどり・チャージャー
2 x プライマル・スクリーム
1 x インフェルノ・サイン(殿堂)
4 x 超次元ミカド・ホール
3 x 地獄門デス・ゲート
2 x 炎獄デス・サンライズ

■サイキック・クリーチャー
1 x 時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター
2 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
2 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
2 x 時空の斬将オルゼキア/魔刻の覚醒者G・オルゼキア
1 x 時空の脅威スヴァ/神の覚醒者サイキック・スヴァ


一目みてわかるとおり、超次元も使ったデーモン・コマンド型の闇単です。
ロマン枠もあり、癖のある構築なので、人によっては???なところもあるかもしれませんが、クレームは受け付けません(笑)

動かし方ですが、序盤はWジェニーの手札破壊(ハンデス)+ブラック・ガンヴィートで相手の行動を大幅に制限してアドバンテージをとり、その後大量の除去でバトルゾーンを制圧、可能ならガジラビュートでS・トリガーのリスクを減らしつつ〆、といった感じです。

対速攻を意識しているため、デッキ内のデーモン・コマンド(デモコマ)は少なめになっていますが、その分を超次元で補っています。(サイキック・クリーチャー8体はすべてデモコマ)


■個々のカードの簡単な解説
《ねじれる者ボーン・スライム》
《死神術士デスマーチ》
対速攻枠、ブロッカー。

《特攻人形ジェニー》
《解体人形ジェニー》
ハンデス要員。
墓地進化を使うデッキの場合、破壊しやすい(破壊されやすい)クリーチャーは正義ということで、ボーン・スライムや特攻ジェニーは高相性。元祖ジェニーは覗き見も相当強い。

《炎獄の剛魔ビルギアス》
除去できるデモコマその1。
-3000は範囲も広く、パーフェクト・マドンナ/リリィも射程内。死にやすいのでG・オルゼキアの覚醒スイッチにも。

《冥府の覇者ガジラビュート》
シールドを燃やせるデモコマ。

《魔刻の斬将オルゼキア》
除去できるデモコマその2。
相手依存ながら2体を処理し、味方1体はG・オルゼキアの覚醒スイッチや墓地進化の種に。

《威牙の幻ハンゾウ(殿堂)》
除去できるデモコマその3。
ニンジャストライクは言うに及ばず、破壊耐性があるのも魅力。

《魔龍バベルギヌス》
初登場からいまだ一戦級の便利クリーチャー。
デモコマではないので注意。

《悪魔神バロム・エンペラー》
闇以外には強烈に刺さるリセットクリーチャー。
難を言えば、対闇では刺さらないのと、進化元が場に必要なこと。

《死神明王バロム・モナーク》
ロマン枠のお気に入りカード。
実はデモコマの他、デスマーチからも進化可能。

《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》
除去できる墓地進化、但し進化は倒せないので注意。
ロマノフだけどデモコマ。

《邪神C・ロマノフ》
ロマノフな墓地進化。
デッキの呪文比率が高かったのでお試し採用。デモコマではないので注意。
ヴァーズや《大邪眼B・ロマノフ》でもいいかも。

《邪魂転生》
墓地進化の種を作りつつ手札補充。
S・トリガーが付いてるので、わが輩は創世よりこっちを採用すること多し。
ちなみに闇単でこれを2枚入れるのがわが輩の構築の癖。
使う時は「邪魂転生! 命を手札に!」と言うのがわが輩の癖(笑)

《ボーンおどり・チャージャー》
《プライマル・スクリーム》
墓地肥やし。
どちらももう一働きしてくれるのがうれしい。

《インフェルノ・サイン(殿堂)》
リアニメイト。
このデッキでは進化以外なんでも出せる。

《超次元ミカド・ホール》
これ+ガンヴィートは速攻の仇敵(笑)
バイス・ホールがいきなりプレミアム殿堂になった今、ますます重要。

《地獄門デス・ゲート》
唯一の除去トリガー。
やめて、スピード・アタッカーやめて(笑)

《炎獄デス・サンライズ》
闇単で生きる除去呪文。
手札から使って-6000以上は脅威。自分も巻き込むので使いどころも注意。

《時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター》
うちで初めて当たったスーパーレアのサイキック・クリーチャー。
覚醒後の置き換え効果が魅力。
特殊な覚醒条件もお気に入り。

《時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ》
墓地を活用するデッキは山札消費が激しいので、返霊は高相性。

《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート》
覚醒前の能力もさることながら、覚醒条件が厳しすぎ。

《時空の斬将オルゼキア/魔刻の覚醒者G・オルゼキア》
お前のすべてを闇に葬る(笑)

《時空の脅威スヴァ/神の覚醒者サイキック・スヴァ
ブロッカー。
ガンヴィートとは別の意味で、覚醒条件が厳しすぎ(笑)

ちなみにサイキック・クリーチャーはすべてデモコマです。


■デッキには入らなかった候補カード
《死神の邪剣デスライオス》
《荒廃の巨王ジェノサイド》
《ヤミノサザン》
《狼虎サンダー・ブレード》
《猛虎ライガー・ブレード》
《死神明王ガブリエル・XENOM》
《悪魔神ドルバロム》
《大邪眼B・ロマノフ》
《炎獄スマッシュ》
《怨念集結》


一文明限定戦という環境では、まずは対速攻を見る必要があると思うんですが、トリガー頼みではわが輩の運はあまりに低すぎるので、ボーン・スライムやデスマーチで守りつつ、手札破壊による妨害で相手の大量展開を防ぎ、序盤を耐えることにしました。
5マナまでマナを伸ばすことができれば、随分戦えるようになっていると思います。

今回、限定戦用に新たにデッキを作りましたが、闇単デッキはけっこう昔から使ってまして、一時は通常大会やエリア予選にも闇単で出てたこともあったり。

闇は墓地を利用することが得意なので、他の文明より活用できるゾーンが多い分、強い文明だと思います。
見る場所・考えることが増えるので、慣れるまでは難しいかもしれませんが。
また対抗手段が増えているとはいえ、手札破壊も昔から強い戦略のひとつですしね。

呪文率が高めになったので、アルカディアスを最速で出されるときついかなーと思ってたんですが、大会では唯一光とは当たりませんでした。
また、相手のトリガーや引き次第では負けていた対戦もあり、圧倒的に強いというわけでもないと思いますが、黒城気分を味わいたい方はぜひ使ってみてください(笑)

ではではー
author:K先生, category:デッキレシピ, 01:45
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:45
-, -
Comment









Trackback
url: http://fbkochi.jugem.jp/trackback/622