RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
hippo杯冬の陣in高知 レポ その1


どもー、K先生ですー お待たせしましたー
1月16日(土)ようやく高知でもhippo杯を開催することができました。
今回はその日の様子を軽く振り返ってみようと思います。


■午前の部

今回は小学生以下を中心に楽しんでもらう午前の部と、年齢無制限の午後の部という二部構成にしてみました。

午前の部は、普段のデュエまつりと同じ形式(トーナメント戦1本勝負)の大会と、サイドイベントとして「ガルドをたおせ!」を開催しました。

大会は10:30スタートで、参加者は10名。
新潟のネギ博士からいただいたキラカードを、中身がわからないように別のカードで隠し、受付を済ませた子に参加賞として渡します。



対戦はどこも熱戦が繰り広げられていましたが、最終的にはJくんとKくんが勝ち上がり、この二人による決勝戦が行われました。
で、結果は

優勝 Jくん(多分黒単)
準優勝 Kくん(多分光単)

二人にはそれぞれ盾とサインカード、そして優勝のJくんには副賞として、GTさんからいただいた「デュ円で交換してもらえるスリーブ(かわいい永遠リュウセイとファイアーバードの絵柄のやつ)」を進呈。

それにしても、最近は小学生といえど強力なデッキを使いますよねぇ。
わが輩がレギュラークラスのトーナメントに参加しても、勝ちあがれる気が全然しませんよ(笑)


■ガルドをたおせ!(挑戦者サイド編)

サイドイベントは、高知ではおなじみ?のガンスリンガーイベントです。

知らない人のためにちょっと説明しますと、ガンスリンガーというのは対戦形式の種類のひとつで、一人の参加者(ホスト)に対して、複数の一般参加者(ゲスト)が1回交替でどんどん対戦していくというもの。
アウトレイジに挑戦! とか、デッドマンに挑戦! とか、イベントなんかで時々見かける対戦形式ですね。

今回の「ガルドをたおせ!」でいうと、ガルドに扮する人がホストで、小学生以下の面々がゲストとして次々にガルドに挑戦する、という感じになります。

この日は大会の人数がこちらの想定より少なかったので、ガルドをたおせ!は大会を終了してから始めることに。
あらかじめ声をかけていた地元デュエリストの面々にガルドとしてスタンバってもらい、賞品を並べたら、参加者にスコアシートと参加賞を渡してルールを説明します。
参加賞は大会の方で使ったのと同じ物にしたので、両方出た子はかなりお得だったんじゃないでしょうか。
もちろん大会に間に合わなかったりで、ガルドだけ参加というのもOKです。

今回のルールは、ガルドに勝ったら2点(スコアシートにサインを2箇所記入)負けたら1点(サインを1箇所記入)を獲得。そして、2点貯まるごとにお宝エリアに進み、くじを引いて賞品をゲット、という具合。



集まってくれたガルドのメンバーはわが輩含めて12名。対する挑戦者は大会後に来てくれた子もあわせて22名。
だいたい11:30くらいにスタートして、14:30頃に最後の対戦が終了。
その少し前あたりから対戦が終わった子達にスコアシートを提出してもらい、集計して、最後に記念盾等をプレゼントしていきます。
盾は、一番多くガルドを倒した挑戦者に「撃墜王」、そしてガルド側にも最強ガルドとして「ザキラ賞」をそれぞれサインカードと共に贈呈。
また、残念ながら全然ガルドに勝てなかったけど頑張ってチャレンジしてくれた子に、ネギさんからいただいた福袋デッキをプレゼントしました。

ちなみに、並んでる賞品を見て寝返ろうとするガルドも続出し(笑)次回やる時にはガルドをやってくれた人も挑戦者側で参加できるような仕組みにしてもいいかなぁと考えています。




というわけで、午前の部はこんな感じでした。
次回は午後の部のレポをお送りする予定。
でもイベントやら超ブラックボックス発売やらあって、そっちの方の記事も書きたいんですよねぇ
イベントのほうが気になる方は「フリークス CS」で検索してみてください。

ともあれお礼とかの方が先なので、そちらを優先してやっていかなきゃなんですが、相変わらずののんびりやマイペースなんで、ま、生温かく見守っていただけたらなぁ、と。

あ、負傷した足はもうかなり治りました。
でも歳をとってくると、治りは遅いですねぇ(笑)
author:K先生, category:DM大会レポート, 23:23
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:23
-, -
Comment









Trackback
url: http://fbkochi.jugem.jp/trackback/631